b-image1

留袖ドレスきらりの留袖ドレスとは

留袖とは、既婚女性の着る和服で、第一礼装なります。西洋のイブニングドレスに相当します。

この留袖をリメイクして、ドレスに仕上げた物が留袖ドレスです。

留袖ドレスとの出会い

a-image1

お母さんだってドレスが着たい!

これはある日の私の叫びです。

娘が結婚することになり、チャベル式のウェディングで着物は着ないとのこと。

「それなら私もドレスにしよう」と衣裳含わせに同行し「私が着るドレスはありますか?」とたずねましたところ、一瞬言葉につまった店員さんは 「・・・・お母様がお召しになるのですか?

お母様はみなさま留袖をお召しになりますので、ドレスは花嫁さんのものと、ゲストのものが少々あるだけですが・・・。」と戸惑いぎみの返事、「そんなばかな~ 」 と叫びたいのを我慢して帰宅。

でも諦めきれない私はデバートのフォーマル売り場へ、しかしそこにあるのは真つ黒なスーツと娘の友達が着るような可愛いひらひらのドレスだけ、 そこでついに爆発「花嫁の母が着るドレスは無いの?

お母さんだって素敵なドレスが着たい!子育て頑張ったのよ~ !!」

結局妥協のできなかった私は、留袖をリメイクして式に臨み、花嫁ともお客様とも違う母親ならではの装いになったと大満足でした。

私以外にも、同じ思いのお母様方がきっといらっしゃるはず。

自分のことは二の次にして、家族や子供のために頑張ってきたお母様です。

「お子様の結婚式には精いっぱい輝いて欲しい!」との思いで「きらり」を始めました。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

結婚式のご予定の無い方も大歓迎です。

どんなドレスなのか一度ご覧下さい、お待ち致しております。

留袖ドレスきらりのQ&A

留袖ドレスについてQ&Aにてお答え致します。

Q:どんな目的でレンタルされていますか?

A:留袖ドレスのレンタルは、娘さんやお孫さんの結婚式に、お母さんやお婆さんにレンタルして頂いています。

A:また、甥御さんや姪御さんの結婚式におよばれする方にも好評です。

Q:今までの留袖レンタルの実績を教えて頂けますか?

A:今まで全国47都道府県の内、以下の26都道府県のお客様にレンタルさせて頂きました。

・北海道・青森県・宮城県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・奈良県・島根県・岡山県・愛媛県・高知県・熊本県・大分県

Q:今までにどんな方がレンタルされていますか?

A:着物ではなく洋装で出席したいが、母親らしい格式あるドレスにしたいと思っていらっしゃる方。

A:結婚式で本来ならば着物(留袖)を着たいと思っても、何かしらの事情がある方も多いです。

  • 高齢で着物の着付けが難しい方。
  • 高齢のお婆さんを面倒を見るために、動きやすい服装(留袖ドレス)にした。
  • 交通事故の後遺症で、長時間着物(留袖)を着られない方。
  • 身体が大きく(21サイズ以上)着物より着やすい留袖ドレスにした。
  • 高齢で腰が曲がっていて着物が着られない方。

Q:何歳くらいのお客様が多いですか?

A:留袖ドレスきらりは、40代から90代と幅広いお客様にレンタルさせて頂いております。

Q:人気の商品は何んですか?

A:1位は留袖ドレスのワンピースタイプです。留袖ドレスのツーピースタイプの方もいらっしゃいます。

A:大き目サイズの方には、上がふんわり下がスッとしていてスマートに見えるケープタイプが好評です。

Q:お客様は、「留袖ドレスきらり」をどの様にして知りましたか?

A:当店は、主に「留袖ドレスきらり」のホームページを見た方が多いです。

Q:お客様はどうやってレンタルされますか?

A:最初は電話やメールで問合せさせて頂きます。後にご来店頂いて試着して決定致します。